The end of 2015

It is the end of 2015. Every time winter comes since I started studying abroad, it makes me feel something missing. A whisper of the wind is turned into a roar. Then someone starts saying that "Oh, it's already in the end of this year." I realise the year will be finished when I hear the conversation. Even though 'a year' is just a period of specific time, which is just someone's decision, it seems something special. 

I have lots of memory that I am satisfied with it, and feel like the memory of this year is over a year. Moving to a new environment had a lot of influence to my life, which is the joy of finding something new and the pleasure of understanding myself. Of course, I don't say everything was with a positive emotion, but even if negative feeling was included in my remembrance, my 2015 was absorbing. I want to thank everyone for being with me not only physically but also mentally, and I am very happy if you are happy with me. I hope 2016 will be a great year again. THANK YOU SO MUCH!

 

2015年の末。留学し始めてから冬が来る度、足らない何かを感じさせられる。風の囁きは轟きに変わる。その時に誰かが言い始める、「あぁ、もう今年も終わりだ。」と。私はその会話を聞く時にその年が終わるんだと実感する。『1年』は誰かが決めた特定の期間でしかないのだけど、それは特別な何かようである。

私は満足のゆく沢山の思い出があり、その記憶は1年以上のような気がしてしまう。新しい環境に移ることは私の人生に沢山の影響があった、それは新しい何かを見つける喜びであったり、自分自身を理解する喜びであったりする。もちろん、全てがポジティブな感情であった訳ではないけれど、たとえネガティブな感覚が含まれていたとしても、私の2015年は楽しかった。身体的だけでなく精神的にも私と一緒にいてくれた全ての人に感謝、そして私と一緒にいてくれて幸せなら私はとても幸せである。2016年もまた素晴らしい年であるといいな。本当にありがとう。