製作と卒業後の話

春休みはいつもロンドンで過ごすのですが、今回は東京に一瞬だけ戻りました。

 

 

今回の帰国は色々と刺激的でした。

 

 

良い意味でも悪い意味でも。

 

 

良い話で言えば、

 

大好きな仲間たちと会って腹筋が痛くなるほど笑って、

 

あるギャラリストのお兄さんとお話したり、

 

良い刺激と楽しい時間で心の健康を取り戻しました。

 

 

反対に

 

父の仕事のこと、母の健康のことを耳にして、

 

心配なことがいくつかあります。

 

でも私ができることは、

 

私の周りにいる家族や友人がどんなことでも乗り越えられるように、と

 

ただ願うのみ。

 

自分の無力さを感じつつも、そうする他ないので、

 

「絶対大丈夫!」

 

という言葉を口癖にするしかないです。

 

実際のところ、本気で大丈夫だって信じています。

 

だから大丈夫です。

 

 

 

学校にいない間は実際の絵が描けないので

 

次の作品に向けてスケッチを描いています。

 

 

新しい絵を描くことが楽しみで、

 

とってもワクワクしています。

 

面白いものを作れそうな気がします。

 

 

7月の卒業後は、

 

日本に本帰国します。

 

作品も一緒に。

 

それまで製作に思いっきり集中して、

 

悔いのない時間を過ごしたいです。

 

 

ちなみに 

 

都内のあるギャラリーの方に作品を見せ

 

お話させていただいた結果、

 

秋頃に個展をさせていただけることになりそうです 。

 

詳しいことが決まり次第、

 

 

Informationのページに掲載させていただきます。

 

よろしくお願いします。