2016


The sun smiles

続きを読む

Memory

春休みが終わり、一年生の最後の学期が始まった。未だに時差ボケがひどくて、とんでもなく早い時間に目が覚める。早すぎて夜だったりする。

 

奈良美智さんがロンドンに滞在していると知って、ちょうど持っていた彼の著書「ナラ・ライフ」を読み返した。彼の書く文章は詩的で彼の作品と通ずる優しいぬくもりと風が通るような素朴さがあって好きだ。本書で彼が小学生の頃の図工で彫刻刀を使ったときの感触について書いていて、ふと自分の彫刻刀の記憶を思い出した。

 

中学生の自分が初めて彫刻刀で木を削った時のこと。先生が彫刻刀で指を切らないように気をつけろと念入りに注意していた。自分は彫刻刀の歯が怖くて恐る恐る制作をしたのにもかかわらず、削る勢いで誤って自分の指を刺してしまい血がだらだらと垂れた。その場面をよく覚えている。でもそれが実際にあった出来事なのか、そうならないようにと怯えながら頭の中で描いた妄想なのか、あまり覚えていない。映像だけは鮮明に残っていて、現実なのか妄想なのか区別がつかない。

 

過去にあった実際の出来事は色あせながら不明瞭な記憶として存在していて、子供の頃に見た夢や妄想は曖昧ながらも鮮明な色使いで映像として頭の中に色素沈着する。時が経てば経つほど朧げなインフォメーションとして双方がだんだんと似通っていく。こういうことが結構あるから、記憶として残している情報に少し疑心暗鬼になる。でも空想と現実の境目が薄れていくのなら、これから妄想することが現実のように残っていくのかもしれない。そう思うと、少しだけワクワクする。

続きを読む

Intimate Projection

Since the spring term started from the beginning of 2016, I had been busy to prepare for the assessment and finally finished what I had to do on last Tuesday. Although I thought I could have relaxing time, an exhibition is coming at the end of February.

The exhibition, titled `Intimate Projection', is at Menier Gallery on 22nd - 27th Feb. You can see the further details on the information page and the facebook page. I will attend the private view on 23rd Feb and also be at the exhibition as much as I can. There are two images, one is the poster, and the other is the sample image of what I am going to exhibit.

 

2016年の始めに春学期が始まってから、アセスメントの準備で忙しかった。でも先週の火曜日にやらなきゃいけない事を終わらせて、ようやくゆっくりできると思ったけど、 今度は2月末にグループ展がある。私の割には忙しい。うひょー。珍しく忙しくしていたお陰で、絶賛風邪っぴき姉さん。でもそれも治ってきた。よかった。

 

タイトルは「Intimate Projection」で2月22日から27日までMenier Galleryで行うつもりなので、興味がある人や時間がある人は来ていただけると光栄です。23日のプライベートビュー出席するつもりなのと、なるべくその期間中は展覧会にもいるつもりです。下の二つはポスターの写真と展示する作品のイメージ画です。

 

ロンドンの風は強い。吹く度に窓がガタガタ揺れて、いちいちビビる。落ち着いていられない日々。個人的にやることも結構あって何から手を付けなきゃいけないのか分からなくて焦る。そして、なぜかブログから始めた。まあ、いいや。このブログは誰も見てない感じがすき。独り言いっぱい書ける。しあわせ〜。あ、日本語のみね、こーゆーのは。

 

才能ないけど、今年も才能ないなりに頑張ります。よろしくお願いします。何事も気を張らずに、ゆるーく頑張るよ。

続きを読む